今のあなたにこの音楽を…

趣味で洋楽を詩的・感情的に訳しています。この人にはこのように聞こえているのだなという程度に考えてください。

忘れられない音楽

 私が子供の頃に開けポンキッキっていう子供番組の

最初と最後に流されていた音楽なのですが、

 

この曲を思い出して感動するようになったのは20代くらいからでしょうか。

 

 

オンタイムで見たあの時から、聞いて泣かなかったことがない。

ある時期から宇宙系のアニメは設定が細かくなったっぽいけど、

時間がなくて見ることができていない。

 

昔のアニメは設定がざっくりだったけど、

まあ、ヒューマンドラマととして重みがずっしりあるものあった。

 

 

私が子供の頃はテレビ自体が、

「テレビをみたらバカになる。」みたいな流れでバカにされていました。

 

よく動くアニメって宮﨑駿氏くらいからだと思います

 

手塚治虫氏だって、予算があって、

他の実写やバラエティと価格競争をしなくていいんなら

すごく動くアニメを作りたかったんだと思います。

昔、何かの取材かなんかでそんなことを言っていたのを覚えています。

 「マンガは本妻、アニメは愛人、愛人は金がかかる」と。

 

スタジオジブリなんか、鈴木プロデューサーは

「あの二人ほど、お金を使う人達は見たことがない。」みたいなことを

全国放送のテレビで言ってしまったくらい、資金繰りを頑張っているみたいでした。

 

才能のある人もすごいのですが、その背後でお金を工面してる人もすごい。

 

人間に課せられた役割というのは

本当にそれぞれだなぁと思います。